京焼今展2018「六根清浄」

2018年11月7日

「この盆栽、大きいか小さいか」
中世の禅問答に感激した時に湧き出た疑問
「禅僧はいつから盆栽水石をしなくなったのか」
という問を持って答を探りたいと思います。

六根清浄(眼,耳,鼻,舌,身,意)
身(触覚)のお題を副住職の伊藤東凌さんより頂きました。
陶芸家の吉村敏治さんに、お互いにやってみたかった事を
盛り込んだ盆器(盆栽鉢)を作陶いただき植栽して居ります。

協力:(株)近代出版、広樹園

 

京焼今展2018「六根清浄」
開催日:2018年11月9日〜11日
会場 両足院(建仁寺山内)
開場時間:10:00〜17:00(入場は16:30まで)
料金:600円(拝観料として)
主催:五条坂・茶わん坂ネットワーク、両足院

◯展覧会趣旨
京焼今展は、“いま”という時代を象徴するやきものを探求し、“これから”を創造していく場です。京都のやきものには、その時々の“いま”を精一杯追求することで、時代を代表するやきものをうみだしてきた歴史があります。本展では、その伝統を受け継ぎ、出品作家それぞれが今まで培ってきた個の力を活かしつつも、「京都のやきもの」という枠組みで結集し協働することで、やきものの未来を切り開いていきたいと考えています。
第6回目を迎える今回のテーマは「六根清浄」です。

六根とは仏教における「眼」「耳」「鼻」「舌」「身」「意」のことです。それぞれ「色」「声」「香」「味」「触」「法」に繋がっています。現代社会の人の営みは、あまりにも眼と意(心)に依存しています。あたかも心だけが主人公で、五感は時折刺激として楽しむ程度という認識が蔓延しています。
そこから脱却し、今一度、六根がすべて開かれ、外部とのつながりが滞りなく流れ続けている状態、すなわち「六根清浄」を本展のテーマに据えます。陶芸家六人が植物に携わる六人(六根)と交わっていく中で、どのように芽を伸ばしていけるのか取り組みます。

◯出品者
小川宣之(陶芸家)・西村勉(仏料理MAVOシェフ)
かのうたかお(陶芸家)・片桐功敦(華道家)
谷口晋也(陶芸家)・中根行宏(造園家)
中村譲二(陶芸家)・吉岡更紗(染織家)
山内駿(陶芸家)・田中孝幸(フラワーアーティスト)
吉村敏治(陶芸家)・川﨑仁美(盆栽研究家)

◯トーク
11/ 9(金)14:00~ ①谷口・中根 ②中村・吉岡
11/10(土)14:00~ ①小川・西村 ②吉村・川﨑
11/11(日)14:00~ ①かのう・片桐 ②山内・田中

◯両足院と京焼今展
建仁寺両足院を活動拠点とすることには大きな意義があります。中国や朝鮮半島から伝えられた名品を多く所蔵する両足院には、陶工をはじめ、様々なジャンルの文化人が集まり、新しい文化を創造していくサロンのような役割を担ってきました。江戸時代には、五条坂の陶工と住職との交流が深く、過去の名品を両足院から持ち帰り参考にしたという記録も残されています。そういった京都の文化を育んできた寺院で、もう一度、今という時代にふさわしい関係性を結び直し、新たなやきものの創生、ひいては新たな京都の文化をいきいきと育んで行くことを目指しています。